映画

1/47ページ
  • 2020.10.22

ネバー・ダイ

フィリピン 2018監督、脚本 リチャード・V・サムズ 女性を主人公に据えたヒロイック・アクション。 はっきり言ってストーリーはあってないようなもの。 大金が稼げるから、とそそのかされて怪しげな倉庫に出かけたら、犯罪に加担するよう強いられ、そりゃ無理だ、と断ったら、襲われました、以上。 「なんで初対 […]

マー サイコパスの狂気の地下室

アメリカ 2019監督 テイト・テイラー脚本 スコッティ・ランデス ブラムハウス・プロダクションズ制作のスリラーで、DVDスルー作品なんですが、とりあえず副題、もうちょっとなんとかならんかったのか、と。 「サイコパスの狂気の地下室」ときて、ジャケットがおばさんのどアップで、タイトルが「MA」では、あ […]

グリンゴ/最強の悪運男

アメリカ/メキシコ/オーストラリア 2018監督 ナッシュ・エドガートン脚本 アンソニー・タンバキス、マシュー・ストーン 信頼していた上司に裏切られ、何もかも失ってしまう主人公の逆転劇を描いたクライム・コメディ。 まあ、悪くはないんですけど。 結論から言ってしまうと、平均的な出来かな、と。 もっと悪 […]

  • 2020.10.17

ムルゲ 王朝の怪物

韓国 2018監督、脚本 ホ・ジョンホ 16世紀の朝鮮王国に出没し、人心を惑わせた怪物ムルゲの巻き起こす騒乱を描いた時代劇。 朝鮮王朝実録に記されていた短い一節を膨らませた作品らしいんですけど、素直に良く出来てる、と私は感心。 まさにエンタメですね。 最近のハリウッド以上にツボを押さえている、と言っ […]

1917 命をかけた伝令

イギリス/アメリカ 2019監督 サム・メンデス脚本 サム・メンデス、クリスティ・ウィルソン=ケアンズ 第一次世界大戦中の西部戦線を舞台に、将軍の命令書を携え、最前線の部隊へと伝令に走る若き二人の兵士の姿を描いた戦争ドラマ。 伝令の内容は「攻撃中止」。 実はドイツ軍が前線で待ち構えていることが航空写 […]

  • 2020.10.14

モルグ 死霊病棟

パラグアイ 2019監督、脚本 ウーゴ・カルドーソ 病院の夜間警備員を務める青年が、深夜の死体安置所で経験した恐怖を描くホラー。 低予算映画なのにも関わらず本国で異例のヒット、リメイク権の争奪戦が起こった、と聞いて手にとった1本なんですが、ま、結論から書いちゃいますと「なぜこの作品が?」って感じです […]

ナイチンゲール

オーストラリア/カナダ/アメリカ 2018監督、脚本 ジェニファー・ケント イギリスの流刑地となっていた19世紀のオーストラリア、タスマニア島を舞台とした復讐劇。 主人公は、仮釈放を認められたアイルランド出身の一児の母クレア。 そもそもなにゆえ夫も含めて、一家まるごと流刑地送りになってるのか、よくわ […]

パラサイト 半地下の家族

韓国 2019監督 ポン・ジュノ脚本 ポン・ジュノ、ハン・チンウォン 半地下に暮らす貧乏一家が、詐欺師まがいの弁舌で裕福に暮らす社長一家に取り入り、いつしかちゃっかり全員が使用人に収まってしまう「成り代わり」を描いたブラックコメディ。 ああ、なんかこういう話って70年代ぐらいからあったなあ、と。 大 […]

  • 2020.10.11

ミッドサマー

アメリカ/スウェーデン 2019監督、脚本 アリ・アスター スウェーデン奥地のコミューンで密かに執り行われる夏至祭に、誘われて参加したアメリカ人の若者5人がひどい目に合うホラー。 内容を簡単に要約して書くと悪魔のいけにえ(1974)を嚆矢とする古き良きアメリカンホラーみたいですが、よくある定番、と切 […]

無敵のドラゴン

中国/香港 2019監督 フルーツ・チャン脚本 フルーツ・チャン、ラム・キー・トー 犯罪捜査中の思わぬ失態で恋人をなくした刑事の、再起を描いた作品。 ドラゴン×マッハ!(2015)以降、個人的に注目しているアクション俳優マックス・チャン主演作ですんで、これは見逃すわけにいくまい、と発売日に手にとった […]

トーク・トゥ・ハー

スペイン 2002監督、脚本 ペドロ・アルモドバル 不慮の事故で昏睡状態に陥った愛する女性アリシアを、甲斐甲斐しく介護する看護師ベニグノの数年間を描いた恋愛ドラマ。 さて、この映画がややこしいのは、アリシアにとってベニグノは見ず知らずの男性である、という点。 勝手にアリシアに惚れて、勝手に進んで看護 […]

マイ・スパイ

アメリカ 2020監督 ピーター・シーガル脚本 ジョン・ホーバー、エリック・ホーバー 腕は立つんだけど、融通がきかなくて本部から持て余され気味なCIAの工作員が、9歳の少女に翻弄されてドタバタを演じる羽目になるコメディ。 なんとなくどこかで見たような・・って感じではありますね。 子供が大人顔負けの大 […]

  • 2020.10.06

ジーパーズ・クリーパーズ

アメリカ 2001監督、脚本 ヴィクター・サルヴァ コッポラ云々は、とりあえず脇に置いておいて見たほうが賢明かと。 彼が作品に積極的な貢献をしてるとは思えないし、とうの昔に全盛期過ぎてますし、辛辣なことを言うなら名義貸しビジネスみたいなものでは、と私は考えてたりします。 だいたい製作総指揮に、コッポ […]

トランザム7000

アメリカ 1977監督 ハル・ニーダム脚本 ジェームズ・リー・バレット、チャールズ・シャイア、アラン・マンデル そういえばバート・レイノルズの主演作って、見たことがなかったなあ、と思い手にとった1作。 いやーもう、なんでしょう、すごかったですね、色んな意味で。 28時間以内に900キロ離れたテキサス […]

ジョジョ・ラビット

ドイツ/アメリカ 2019監督、脚本 タイカ・ワイティティ ヒトラーユーゲント(ナチス青少年団)に憧れる10歳の少年が、ある日自宅にユダヤ人の少女が匿われていることを知って大慌て、さて彼はこの異常事態にどう対処していくのか?を描いたコメディ調の戦時下ドラマ。 なんせナチスドイツが大手を振って闊歩して […]

  • 2020.10.03

スーパーティーチャー 熱血格闘

中国/香港 2018監督 カム・カーワイ脚本 チェン・タイリ ローグ・ワン(2016)では本格的なハリウッド進出も果たし、イップマンシリーズにおいては香港カンフー映画の新たなる金字塔を打ち立てたと言っても過言ではない、中華圏当代随一のアクションスター、ドニー・イェンの新作がこれだ!って、言われてです […]

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒

アメリカ 2020監督 キャシー・ヤン脚本 クリスティーナ・ホドソン ジョーカー(2019)みたいなとんでもない作品をようやく形にしたかと思いきや、ちょいと気を許すとこの体たらくなんだから本当にDCは安定しないというか、危なっかしいというか。 もうねー、キャラクターを立てることすらできないのならスピ […]

ボーダー 二つの世界

スウェーデン/デンマーク 2019監督 アリ・アッバシ原作 ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト こりゃちょっと記憶に爪痕を残す怪作だな、と思いましたね。 隠し事を嗅ぎ当てる不思議な能力を持つ女を描いたSFなんですけど、主人公のティーナ、これがもうとんでもない醜女でして。 「ブス」とか「ブサイク」だと […]

  • 2020.09.30

ウィッチクラフト 黒魔術の追跡者

アルゼンチン 2019監督 マルセロ・パエス・クベルス脚本 マティアス・カルーゾ 魔女の血をひく女が、誘拐された娘を探し出すために己の能力を全開放して執念の追跡者となるお話。 さらっとあらすじを読んだ限りでは「なるほど、そうきたか!」と思ったんですよね。 リーアム・ニーソンの過去作をあげつらえるまで […]

  • 2020.09.29

スケアリーストーリーズ 怖い本

アメリカ 2019監督 アンドレ・ウーヴレダル原作 アルヴィン・シュワルツ いわくつきの屋敷で偶然手に入れた死者の手記が、関係者に死の呪いをもたらすホラー。 身も蓋もない言い方をしますけど、なんのことはない、これファイナル・デスティネーション(2000)と物語の構造はほぼ同じです。 「手記に新たな物 […]

リーディングハウス

イスラエル 2017監督、脚本 ギラッド・エミリオ・シェンカー 女性のみで運営される秘密の文学クラブの闇を描いたスリラー。 なぜ女性のみのクラブなのか?というのは、作中で詳しく言及されてないんでよくわからないんですが、その結成の背景には男性優位な社会に対する反発であったり、宗教的な戒律なんかが潜んで […]

サイバー・ゴースト・セキュリティ

オーストラリア 2018監督、脚本 キア・ローチ=ターナー 太古から続く、悪魔とネクロマンサー(魔術師)の戦いを、ハイテクや電脳空間まで持ち出して現代的に料理したSFファンタジー。 今更、悪魔と悪魔ハンターの戦いとか、根幹となるネタそのものははっきり言って陳腐なんですけどね、一見そうは見えないように […]

ファイティング・ファミリー

アメリカ 2019監督、脚本 スティーブン・マーチャント 世界最大のプロレス団体、WWEで活躍した女子プロレスラー、ペイジのデビューに至るまでのエピソードを映像化した伝記映画。 さてペイジといえば、男性選手中心のWWEにおいて添え物的扱いだったディーバ(女性レスラーたちの総称)の地位を高めた存在とし […]

ドクター・スリープ

アメリカ 2019監督 マイク・フラナガン原作 スティーブン・キング あまりにも有名なスタンリー・キューブリック監督作、シャイニング(1980)の40年後を描いた続編。 おそらくみなさんおっしゃってるんでしょうけど、無茶振りすぎる企画なのは間違いないわけで。 シャイニングといえば、もはやある種のアイ […]

1 47