90年代

天使の時空船

1993年初出 松本零士潮出版社希望コミックス 全7巻 銀河系宇宙を飲み込む、謎の崩壊断面から人類を救うため、レオナルド・ダ・ヴィンチが生存した15世紀のイタリアへとタイムトリップしたヒロイン、マミヤを描いた大河SF...

ピンポン

1996年初出 松本大洋小学館ビッグコミックスピリッツ 全5巻 松本大洋にしてはケレン味のない普通のスポーツ漫画だと思いますね。 だからこそ映画化やアニメ化につながった、ということなのかもしれませんが。 ...

チャイルド・プラネット

1996年初出 永福一成/竹熊健太郎小学館ヤングサンデーコミックス 全7巻 大人にだけ感染する致死性の細菌兵器に侵された街で、生き延びる子どもたちの集団を描いたパニックSF。 改めて言及するまでもなく、確信犯的...

プラネテス

1999年初出 幸村誠講談社モーニングKC 全4巻 2074年の未来、宇宙空間にてデブリの回収を生業とする宇宙飛行士、ハチマキの見果てぬ夢を描いたSFアドベンチャー。 とりあえずデブリ回収員を主役に据えるという...

ドラゴンヘッド

1994年初出 望月峯太郎講談社ヤンマガKC 全10巻 ド級のパニックSF、終末SFながら、全く何も明かされぬまま、あたかも打ち切りを宣告されてしまったかのように終わってしまった悪名高きシリーズ。 当時リアルタ...

鮫肌男と桃尻女

1993年初出 望月峯太郎ミスターマガジンDX 全1巻 ありゃっ、こういう方向へ行ってしまうの?と少なからず戸惑った作品。 作者はきっとSF/ホラーの方向へ進んでいくに違いない、と勝手に思ってたんで、至極映画的...

お茶の間

1991年初出 望月峯太郎講談社ミスターマガジンKC 全3巻 今はなきミスターマガジンに連載されたバタアシ金魚(1985~)の続編。 ヒット作の続編、って人気凋落気味の漫画家が手を染める定番のパターンだと思うん...

座敷女

1993年初出 望月峯太郎講談社ヤンマガKC リング(1998)以降のJホラーブームをあたかも先取りしたかのような傑作ホラーだと思います。 まだストーカーという言葉すら一般的でなかった頃に、こういうものを形にし...

頑丈人間スパルタカス

1993年初出 安永航一郎徳間書店少年キャプテンコミックススペシャル 全4巻 今はなき月刊少年キャプテンに連載されたドタバタギャグ。 さて、安永航一郎というと、私は県立地球防衛軍(1983~)を思い出すんですけ...

青い春

1990年初出 松本大洋小学館ビッグコミックス <収録短編>しあわせなら手をたたこうリボルバー夏でポン!鈴木さんピースファミリーレストランは僕らのパラダイスなのさ!だみだこりゃ 主にビッグコミックスピリッツへ掲...

ZERO

1990年初出 松本大洋小学館ビッグコミックスピリッツ 上、下 約10年に渡ってチャンピオンの座を死守し続けるボクサー、五島雅の散り際を描いたボクシング漫画。 やりたかったことはわかるんですけどね、なんだろうな...

花男

1991年初出 松本大洋小学館 ビッグコミックス 全3巻 読売ジャイアンツに入団することを夢見る30歳の父親と、そんな父親を虚仮にする現実的で利口な息子を描いたホームドラマ。 じゃりン子チエ(1978~)と似た...

鉄コン筋クリート

1993年初出 松本大洋小学館ビッグコミックス 全3巻 架空の街、宝町を舞台に、ヤクザや警察顔負けの大立ち回りを見せる少年二人組、クロとシロを描いたコミック・ノワール。 松本大洋の代表作とも言われ、今も根強い人...

銃夢

1991年初出 木城ゆきと集英社ビジネスジャンプコミックス 全9巻 はるか未来の地球、屑鉄の山から偶然発見された少女型サイボーグ、ガリィの失われた過去と階級社会化した世界の秘密に迫るSFアクション。 連載開始当...

スリック・スター

1990年初出 板橋しゅうほう潮出版社 全4巻 生態系の破壊された地球から脱出し、多くの人が地球外周軌道上に存在する巨大スペースコロニーに移り住むようになった22世紀の未来、スリック・スター(人工星)マイダスで暮らす...

エンブリヲ

1994年初出 小川幸辰講談社アフタヌーンKC 全3巻 隠れたバイオロジカルホラーの傑作と呼ばれ、後にエンターブレインから新装版も出た一作。 ぶっちゃけ絵はあんまりうまくないです。 正直言うと、あんまり好...

ザ・ワールド・イズ・マイン

1997年初出 新井英樹小学館ヤングサンデーコミックス 全14巻 一部で熱狂的人気を誇る作品。 殺人に対する禁忌が存在しない主人公モンの気ままな殺戮道中と、謎の巨大生物ヒグマドンに町を蹂躙される悪夢を描いたディ...

EDEN

1997年初出 遠藤浩輝講談社アフタヌーンKC 全18巻 致死性の高いウイルスの大流行にさらされ、帝国主義的な社会に変貌を遂げた近未来を描くSF大作。 黄金期のアフタヌーンを支えた一作と言ってもいいでしょうね。...

ちいさなのんちゃん

1999年初版 永野のりこアスペクトコミックス 「GOD SAVE THE すげこまくん」や「電波オデッセイ」で名を馳せた作者の、実体験をもとにした育児エッセイ。 普通に可愛くて微笑ましいです。 初めて子...

ハンニャハラミタ

1994~2005年初出 駕籠真太郎集英社ヤングジャンプコミックス <収録短編>仰ゲバと尊しDEMON SEEDハンニャハラミタ動物の王国atraxia飛んで目に入る夏の虫尻尾考 エログロカルト漫画家として有名...

アジア夜話

1992年初出 仲能健児エンターブレインビームコミックス モーニングパーティーに連載された「インドにて」を中心に、01年以降コミックビームに掲載された短編6篇を付け加えたもの。 初期の作品はおおむねエッセイ漫画...

うずまき

1998年初出 伊藤潤二小学館スピリッツ怪奇コミックス 全3巻 伊藤潤二はどちらかと言えば短編作家ではないか、と私は思ってるんですが、そんな作者の長編唯一の成功例がこの作品ではないか、と。 「うずまき」をテーマ...

富江 again(part3)

1999年初出 伊藤潤二朝日ソノラマ眠れぬ夜の奇妙な話コミックス なんでタイトルが富江part3になってるのか当時は困惑したんですが、おそらく、最初に単行本化されたハロウィン少女コミック館を底本として再編集された、伊...

トンネル奇譚

1997年初出 伊藤潤二朝日ソノラマ眠れぬ夜の奇妙な話コミックス <収録短編>長い夢トンネル奇譚銅像浮遊物白砂村血譚 さて今回も絶好調、伊藤潤二。 収録されている5編、どれも甲乙つけがたい出来でハズレ無し...
タイトルとURLをコピーしました