オススメの一作!

1/4ページ
  • 2020.06.24

墓標の町

1993~94初出 伊藤潤二朝日ソノラマハロウィン少女コミック館 <収録短編>肉色の怪墓標の町許しアイスクリームバス なんといっても出色なのはやはり表題作「墓標の町」。 息を引き取った人がその場で石柱化を始め、やがては完全な墓標となる町での怪異を描いた一遍なんですが、もちろんそんな町なんてあろうはず […]

  • 2020.06.23

首吊り気球

1993~94年初出 伊藤潤二朝日ソノラマハロウィン少女コミック館 <収録短編>血玉樹首吊り気球あやつり屋敷 初読時、あまりの奇想とおぞましさに強烈な衝撃をうけたのが表題作「首吊り気球」。 一体何をきっかけにすれば、首を吊ろうと襲って来る気球の話なんて思いつくのか、もう本当にド肝を抜かれましたね。 […]

  • 2020.06.09

羅喉伝

2002年初出 伊藤勢角川書店ドラゴンコミックス 全2巻 近年読んだこの手のマンガの中では一番驚かされた作品。 よりによって角川からこんなド級の伝奇アクションがひっそり発売されていたなんて・・・。 マンガ道、あまりに広大にて険し。 実際のところコミックドラゴン(廃刊)やドラゴンエイジまでチェックしき […]

  • 2020.06.09

とこよかくりよ

2013年初出 伊藤静講談社モーニングKC 全2巻 一言で言うなら見事化けた、だと思います。 過去作で散見された薄甘い心優しさみたいなものは相変わらず主人公の性格設定に反映されてはいますが、それ以上に、まさかここまで人の心に潜む負の感情みたいなものをあからさまに描くだなんて想像すらしてませんでしたね […]

  • 2020.06.04

ジュウマン

2014年初出 羽生生純エンターブレインビームコミックス 1巻(以下続巻) 長野県にある日忽然と出現した謎の巨大不定形物体。 人や建物を下敷きに、一切の銃器や物理的排除を受けつけず、居座り続けて2年。 何もかもがわからぬまま政府はそれを自然災害と認定するが、唯一自然でないのはどうやらそれが生きている […]

  • 2020.06.01

誰かがカッコウと啼く

2006年初出 イダタツヒコ小学館少年サンデーGXコミックス 全3巻 私にとっては本当に仰天させられた一冊。 過去作が嘘のようだ、とすら思いましたね。 近年では類を見ないほどの強烈な悪夢系ホラー、と言って良いんじゃないでしょうか。 数ある破滅と再生を描いた物語の中でも群を抜いて妄想にどっぷりと浸り、 […]

  • 2020.05.30

千九人童子ノ件

2010年初出 羽生生純エンターブレインビームコミックス 作者のこれまでの作風からすると、きっとこの作品は異端なのだろうけど、本作、近年出たいわゆるホラー系の作品を圧倒的にぶっちぎって必読の傑作伝奇ホラーだ、と思う次第。 いや、怖かった。 いや、怖いというか、虚々実々の演出に酔わされてつれて行かれそ […]

  • 2020.05.29

サブリーズ

1995年初出 羽生生純エンターブレインビームコミックス 多分作者、初の長編作品だと思うんですが、これがもう相当狂ってます。 冒頭、 ボケて巨大化した婆さんが村を壊しながら進軍。 なんだこれ、気の触れた円谷プロかよ、なんの絵なんだよ、と思いきや、主人公はそれを取材する鬱病もどきの新聞記者。 不条理な […]

  • 2020.05.29

強者大劇場

1993年初出 羽生生純エンターブレインビームコミックス 毎回6ページから12ページの連作短編集。 各話に関連性はありません。 多分作者のデビュー作だと思うんですが、これがもう後の作品すべてをぶっちぎる勢いで本当にばかばかしくて私は大好き。 マンガならではの実験作やシュールな作品もいくつかあるんです […]

  • 2020.05.22

おともだち

1983年初版 高野文子綺譚社 <収録短編>盛子さまのひなまつり上海の街角で春ノ波止場デウマレタ鳥ハボビー&ハーシーディビスの計画 やはり突出しているのは「春ノ波止場デウマレタ鳥ハ」でしょうね。 この中編の美しさ、躍動感、叙情性はただごとではないです。 御大手塚治虫の薫陶を礎に宮崎駿の美意識に迫ろう […]

  • 2020.05.18

魔女

2004年初版 五十嵐大介小学館IKKIコミックス 全2巻 今のところ五十嵐大介の作品の中で個人的に一番唸らされたシリーズ。 ただ世間の論調とは違う部分で私は評価していたりします。 自然に対する敬愛と畏怖が作品の根底にはあり、その手の描写では右に出る者はなし・・・みたいな賞賛を当時はあちこちで見かけ […]

  • 2020.05.18

バニラスパイダー

2009年初出 阿部洋一講談社マガジンKC 全3巻 オープニング早々、物語の舞台となる町の上空に広大なくもの巣が張られたシーンが出てくるんですが、それを目にしただけでもうあたしゃノックアウト。 作品の世界観を構築するのにあれやこれやと手練手管をつくしてカタカナ造語を並べ、巻末に解説なんかまでつけたり […]

  • 2020.05.13

カオスノート

2014年初版 吾妻ひでおイーストプレス 「不条理日記」の進化系、とでも言うべきシュールなナンセンスギャグ。 とはいえ、何が進化してるのか、と問われて、これだ、と明確に答えられるものはなし。 なんか進化したような気がする、という。 だって、表紙の絵そのままの世界観で「〇月〇日、ペンギンに温められる」 […]

  • 2020.05.12

地を這う魚

2009年初版 吾妻ひでお角川書店 作者の若かりし頃を描いた自伝風エッセイ漫画。 失踪日記以降の作品らしい、精緻な作画が映える高品質な一品、と言っていいでしょうね。 とりあえず背景の書き込みは尋常ではないです。  漫画表現でしかあり得ぬ奇異な人外の造形の数々は意図的なものなのか、それとも作者には本当 […]

  • 2020.05.12

失踪日記

2005年初版 吾妻ひでおイーストプレス 吾妻ひでおの熱心なファンではないので断言は出来ないんですが、やはりこりゃ「化けた」作品だと思うんですね。 自伝というかエッセイみたいなものが創作を凌駕して圧倒的におもしろい、というのはよくあるケースだと思うんですが、それにしても本書は、あまたの良作を差し置い […]

  • 2020.05.10

ヨコハマ買い出し紀行

1995年初版 芦奈野ひとし講談社アフタヌーンコミックスKC 全14巻 世界のゆるやかな黄昏を描いた終末SF。 昔読んだときの感想はなんだかぱっとしないなあ、でした。 地味にホームドラマでヤマなしオチなしか、と当時は思ったんですが、今回、一気に14巻まで通読してその認識が180度逆転した、という私に […]

  • 2020.05.08

カリフォルニア物語

1978年初出 吉田秋生小学館フラワーコミックス 全8巻 厳格で、愛情表現の下手な弁護士の父親やエリートの兄に反発し、高校生にしてニューヨークで一人生きていこうとする主人公ヒース及び、その仲間たちの危なっかしい毎日を描いた青春群像劇。 24年組の影響下から長らく逃れられなかった少女漫画界において、エ […]

  • 2020.05.07

宇宙家族カールビンソン

1985年初出 あさりよしとお徳間書店少年キャプテンコミックス 全13巻 作者の初長編。 タイトルは言わずと知れた宇宙家族ロビンソンのもじり。 掲載紙少年キャプテンの廃刊により、未完のまま終了しているんですが、なんでこれが未完なんだ、と怒りたくなるぐらい良くできた内容で後追いの身としては本当に驚かさ […]

  • 2020.05.05

森脇真末味傑作集

1984~89年初出 森脇真末味小学館プチフラワーコミックス 全4巻 1 ささやかな疑問符  ささやかな疑問符  レプリカ2  鏡の前のポダルゲー  週に一度のお食事を  ダモイ2 踊るリッツの夜  踊るリッツの夜  TIME  はがねの輪3 ゼネツィオの庭  ゼネツィオの庭  ぼくの心はバイオリン […]

  • 2020.05.04

おんなのこ物語

1981年初出 森脇真末味小学館フラワーコミックス 全5巻 セミプロバンド「Sticker」の解散までの活動を、主人公でドラマーである八角の目線を通して描かれた音楽マンガ。 バンド活動を描いたマンガは数あれど、私の知る限りではこれほどリアルで真に迫ってる作品を他に読んだ記憶がありません。 それこそ「 […]

  • 2020.05.04

首代引受人

1971年初出 平田弘史リイド社SPコミックス それが事実なのか、創作なのかはわからないんですが、戦国時代、敵に追われ窮地に陥った武士が己の首を敵の言い値で売り、その場で手形を渡し死を免れる因習があったらしいんですね。  その後、手形を持って本人に首代金の支払いを迫ることを職業とする借金回収人を主役 […]

  • 2020.05.04

それがし乞食にあらず

1970~71年初出 平田弘史青林工藝舎 <収録短編>我れ枯るるともそれがし乞食にあらず仕末妻秘砲抱え大筒不承知槍誰も戦い望まぬけれど サンデー毎日等に掲載された短編を集めた作品集。 これがもう何事か、と言いたくなるほど読み応え充分の作品ぞろいでどれをとってもその内容の濃さに唸らされることしきり。 […]

  • 2020.05.04

血だるま剣法・おのれらに告ぐ

1962年初出 平田弘史青林工藝舎 某団体の抗議により、42年もの長きの間発禁になっていた幻の中編の復刊版。 まさかこの作品が読める日が来るとは、と武者震いしたのが昨日の事のようです。 で、肝心の内容なんですが、まさに凄まじいの一語につきますね。 これを読んで「差別を助長する」と息巻いた人達の気持ち […]

  • 2020.05.02

ワン・ゼロ

1984年初出 佐藤史生小学館プチフラワーコミックス 全4巻 今読み直してこそこりゃ凄いと実感できる漫画かも知れないですね。 なんと言ってもですね、まだインターネットどころか携帯すらまるで普及していなかった時代にネットワークと神の存在に着目した炯眼にはほんと言葉を失う。 当時、映画や活字も含めて、誰 […]

1 4