2016年

1/2ページ
  • 2020.07.06

PET 檻の中の乙女

アメリカ/スペイン 2016監督 カルレス・トレンス脚本 ジェレミー・スレイター 孤独でもてなくて社会的地位もない保健所勤務の男が、好きになった女性を誘拐監禁して檻に閉じ込めちゃうお話。 まあ、現実でも起こりえそうな感じのプロットではありますね。 そういう意味では歪んだ世相を反映している、といえるか […]

  • 2020.07.06

ブレア・ウィッチ

アメリカ 2016監督 アダム・ウィンガード脚本 サイモン・バレット ブレア・ウィッチ・プロジェクト(1999)の正統なる続編、とのフレコミですが、正直言って前作よく覚えてません。 わざわざ見直すのも面倒だなあ、と思いつつ、まあいいか、と視聴に望んだんですが、私と似たような状況にある方、ご安心あれ。 […]

キング・オブ・エジプト

アメリカ 2016監督 アレックス・プロヤス脚本 マット・サザマ、バーク・シャープレス さて、ラジー賞にノミネートされたとか、古代エジブトを史実無視で滅茶苦茶に描いてるだとか、エジプトの話なのに白人ばっかり出てて人種差別だとか、本国では酷評の嵐だった本作ですが、え?そこまで酷いかこれ?というのが正直 […]

ガール・オン・ザ・トレイン

アメリカ 2016監督 テイト・ティラー原作 ポーラ・ホーキンズ ベビーシッターを撲殺し、山中に放置した犯人を追うサスペンスなんですが、例によってキャッチコピーは結構なレベルで大げさです。 これが「初めて体験する衝撃のラスト」だったら日本の2時間テレビドラマは毎週毎週衝撃だらけで、もう誰も映画なんか […]

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

アメリカ 2016監督 ギャレス・エドワーズ原案 ジョン・ノール、ゲイリー・ウィッタ さて私は、実を言うと世間の熱狂ほどスター・ウォーズに興味を持ってはいません。 スター・ウォーズの1~3作目を見たのは確か学生の頃だったと思うんですが、それもリアリタイムではなく、後追いでVHSだったので、ほお、こう […]

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

イギリス/アメリカ 2016監督 デヴィッド・イェーツ脚本 J・K・ローリング えー私は「ハリーポッター」シリーズに世間が騒ぐほどの関心も興味も抱けなかった人なので、この一作が本編に対してどういう位置づけにある作品で、登場人物たちが本編とどういう関わりを持っているのか等、全くわかりません。 そもそも […]

ある天文学者の恋文

イタリア 2016監督、脚本 ジュゼッペ・トルナトーレ 亡くした恋人から届くメールや動画などの「想いの残滓」を、少しばかりのミステリで味付けした作品。 プロットは独特だった、と思います。 病気のせいで先立ってしまった老齢の男性が、残した恋人の傷心を気遣うあまり生前の綿密な計画のもと、周りの人をも巻き […]

ジェーン

アメリカ 2016監督 ギャビン・オコナー原案 ブライアン・ダッフィールド タイトルの「ジェーン」ってのはやはり「シェーン」のもじりというか、女版シェーンをやろう、という制作側の意図があってのことなんでしょうかね? 原題はJANE GOT A GUNだからそりゃ勘ぐり過ぎか。 南北戦争後という時代設 […]

  • 2020.06.22

高慢と偏見とゾンビ

アメリカ 2016監督、脚本 バー・スティアーズ ジェーン・オースティンの有名な恋愛小説「高慢と偏見」にゾンビを登場させてみる、という離れ業をやってのけた一作。 着想の奇抜さは評価されてしかるべきでしょうね。 ゾンビ映画が乱立しまくってもはや立ち腐れ気味な昨今、なるほどこう来たか!とその手のファンな […]

  • 2020.06.20

バンクラッシュ

スペイン/アルゼンチン/フランス 2016監督 ダニエル・カルパルソロ脚本 ホルヘ・ゲリカエチェバァリア 綿密な計画を立てて銀行に押し入ったはいいが、銀行の貸金庫に現政府を転覆させかねないスキャンダルの記録されたハードディスクがあり、余裕で逃げ切れたはずが国家機関が大挙してでしゃばってきて四面楚歌、 […]

シン・ゴジラ

日本 2016監督 樋口真嗣脚本 庵野秀明 今更ゴジラを題材に何が出来るというのだよ、とタカをくくってた部分はあったんですが、見始めるや否や予想を大きく覆され、食らいつくようにして見た120分、いやすまん、あなどってた、面白かったよ庵野、正直脱帽だ、参った。 なんかすまん。 なんで謝ってるんだ私。 […]

  • 2020.06.20

ドント・ブリーズ

アメリカ 2016監督 フェデ・アルバレス脚本 フェデ・アルバレス、ロド・サヤゲス 退役軍人である盲目のじいさんが1人で住む屋敷に「楽勝!」とばかり盗みに入ったら、じいさん思わぬ怪物で、強盗3人組、片っ端から返り討ち、ってなスリラー。 シナリオは非常にシンプルです。 冒頭の数行でもう全部伝えきったよ […]

  • 2020.06.20

グッド・ネイバー

アメリカ 2016監督 カスラ・ファラハニ脚本 マーク・ビアンクリ、ジェフ・リチャード 隣に住む偏屈なじじいをからかってやろうと、じいさんの自宅に心霊現象を疑わせる仕掛けを無断で設置し、それを隠しカメラで観察して興にのる学生二人組の、ささいないたずらが招く思わぬ顛末を描いた作品。 ホラー、もしくはス […]

ハイ・ライズ

イギリス 2016監督 ベン・ウィートリー原作 J・G・バラード 上層階と下層階で身分格差らしきものが存在する40階建ての高層マンションで暮らす住人たちが、日々の生活を営むうちにだんだんおかしくなっていく様子を描いた不条理ドラマ。 原作はSF小説だといわれているようですが、映画を見た限りではどこがS […]

ジェイソン・ボーン

アメリカ 2016監督 ポール・グリーングラス脚本 ポール・グリーングラス、クリストファー・ラウズ ジェイソン・ボーンシリーズ第5弾にして、マット・デイモンのシリーズ復帰作。 いや、普通に面白かったです。 実はこの「普通に面白い」ってのが、私にとっては結構重要なことで。 というのも私の場合、ジェイソ […]

ミッドナイト・スペシャル

アメリカ/ギリシャ 2016監督、脚本 ジェフ・ニコルズ 人を超えた謎の力を持つ少年を国家機関や新興宗教団体の手から守るべく、逃走の旅に出るその父親と仲間の姿を追ったSFサスペンス。 とりあえず前半の緊張感は凄まじかったように思います。 もうね、なにが起こってるのか全然わからないんですよ。 「牧場」 […]

ハドソン川の奇跡

アメリカ 2016監督 クリント・イーストウッド脚本 トッド・コマーニキ 2009年に実際起こった旅客機不時着水事故を基とした実話もの。 恐ろしく淡々と撮ってます。 もうちょっと派手な演出とか意図的なドラマチックさに心砕いてもいいんじゃないか、ってぐらい飾り気がなくて、大丈夫なのか?とこちらが不安に […]

メカニック:ワールドミッション

アメリカ 2016監督 デニス・ガンゼル原案 フィリップ・シェルビー いかにもザ・ハリウッド、細けえことはいいから派手にドンパチやってぶっとばそうぜイヤー、レッツパーティタイム!ってなアクション映画である。 まー、ジェイソン無双。 向かうところ敵なし。 疑いようもなくスター映画。 もはや前作もチャー […]

  • 2020.06.09

ウォークラフト

2016 アメリカ監督 ダンカン・ジョーンズ脚本 ダンカン・ジョーンズ、チャールズ・リーヴィット 世界的に有名なMMORPGを映画化した作品。 ただ、日本ではゲーム自体の知名度があまり高くないので、ゲームを知ってて映画も見た、って人は少ないかもしれません。 かくいう私も存在すら知らなかった。 まあ、 […]

  • 2020.06.07

ゴーストバスターズ

アメリカ 2016監督 ポール・フェイグ脚本 ポール・フェイグ、ケイティ・ディポルド 「SPY」で私のはらわたを爆笑でよじれさせたポール・フェイグの監督作品なんで、相当期待してた、ってのはあったんですが、うーん、ちょっと見る前からハードル上げすぎたか。 でもなあ、これ、ポール・フェイグだと知らなかっ […]

スーサイド・スクワッド

アメリカ 2016監督・脚本 デヴィッド・エアー そもそもDCコミックにそれほど詳しいわけじゃない、というのがまずありまして。 その悪役たちを一堂に会したスピンオフ的企画、となるとそれはなおさら。 ジョーカー以外は「誰やねん」っちゅー話なわけです。 で、その手の「予習なんざしたくねえ」という私のよう […]

  • 2020.06.06

ロスト・バケーション

アメリカ 2016監督 ジャウマ・コレット=セラ脚本 アンソニー・ジャスウィンスキー あまり人に知られてないビーチで1人サーフィンに興じていたら、いつのまにかサメが浅瀬にまで接近してきてて、追い詰められた挙げ句、岩礁に取り残されたまま砂浜まで帰れなくなってしまった、さてどうする?主人公は生き延びるこ […]

マネー・モンスター

アメリカ 2016監督 ジョディ・フォスター原案 アラン・ディ・フィオーレ、ジム・カウフ  一言でいうなら平坦な出来。 この題材で、この結末ならもっとスリリングで劇的になったはず。 やっぱり演出ができてない、というのは歴然としてるように思います。 例えば序盤、生放送の最中に銃を持った男が乱入し司会者 […]

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

アメリカ 2016監督 ルッソ兄弟脚本 クリストファー・マルクス、スティーヴン・マクフィーリー 「アイアンマン」に端を発するマーベルコミックの「アベンジャーズ」へと至る関連映像作品は、数が多すぎて全ては追いきれてないんですが、それでもあえて断言しましょう、今のところ本作、間違いなくシリーズ最高傑作で […]