伊藤潤二

  • 2020.06.24

墓標の町

1993~94初出 伊藤潤二朝日ソノラマハロウィン少女コミック館 <収録短編>肉色の怪墓標の町許しアイスクリームバス なんといっても出色なのはやはり表題作「墓標の町」。 息を引き取った人がその場で石柱化を始め、やがては完全な墓標となる町での怪異を描いた一遍なんですが、もちろんそんな町なんてあろうはず […]

  • 2020.06.23

首吊り気球

1993~94年初出 伊藤潤二朝日ソノラマハロウィン少女コミック館 <収録短編>血玉樹首吊り気球あやつり屋敷 初読時、あまりの奇想とおぞましさに強烈な衝撃をうけたのが表題作「首吊り気球」。 一体何をきっかけにすれば、首を吊ろうと襲って来る気球の話なんて思いつくのか、もう本当にド肝を抜かれましたね。 […]

  • 2020.06.23

うめく排水管

1993年初出 伊藤潤二朝日ソノラマハロウィン少女コミック館 <収録短編>超自然転校生うめく排水管双一の誕生日富江・復讐 「超自然転校生」も悪くはないんですが、やはり表題作「うめく排水管」につきるでしょうね。 排水管にストーカーが潜む、ってどこのデタラメなSFなんだよ、って話なんですが、これがちゃん […]

  • 2020.06.22

布製教師

1992年初出 伊藤潤二朝日ソノラマハロウィン少女コミック館 <収録短編>落下相部屋旅館布製教師押切異談・壁 双一シリーズが表題作で一遍収録。 あんまり好きじゃないシリーズであることは以前にも書いたんですが、今回に限っては着想が結構ぶっ飛んでて意外と悪くない。 なんせ教師が次々と綿の詰まった等身大の […]

  • 2020.06.20

路地裏

1992年初出 伊藤潤二朝日ソノラマハロウィン少女コミック館 <収録短編>遺書路地裏押切異談ファッションモデル双一の楽しい日記双一の家庭訪問 押切異談シリーズが1篇と、双一シリーズが2編収録。 双一シリーズは以前書いたようにあんまり好みじゃないんで特に言及することもなし。 押切シリーズは異次元をテー […]

  • 2020.06.20

楽しい夏休み

1991初出 伊藤潤二朝日ソノラマハロウィン少女コミック館 <収録短編>楽しい夏休み薄命侵入者寒気案山子楽しい冬休み 作者の作風においてもうひとつの機軸といえるホラーギャグ路線の作品「双一シリーズ」が初収録。 ただ、個人的には伊藤潤二のホラーギャグって、私はあんまり好きじゃないんですね。 そもそもが […]

  • 2020.06.19

首のない彫刻

1991年初出 伊藤潤二朝日ソノラマハロウィン少女コミック館 <収録短編>ペンフレンド橋サーカスが来た蜂の巣地図の町首のない彫刻 なんかもう、この世の風景と思えん、と初読時震え上がったのが「橋」。 山奥の集落にのみ伝わる特異な祭祀の話、と思わせておいて、いざ読み終わってみればただ忌まわしく昏い悪夢で […]

  • 2020.06.19

脱走兵のいる家

1990年初出 伊藤潤二朝日ソノラマハロウィン少女コミック館 <収録短編>いじめっ娘脱走兵のいる家生霊の沼赤い糸中古レコード贈る人 この単行本ぐらいから伊藤潤二は俄然その本領を発揮してきます。 絵柄も安定してきて全盛期に近いタッチに。 やはり必読なのは「赤い糸」「中古レコード」あたりでしょうか。 特 […]

  • 2020.06.18

屋敷

1990年初出 伊藤潤二ハロウィン少女コミック館 <収録短編>接吻屋敷父の心耐え難い迷路 「富江」シリーズが2編収録されてます。 今回の富江、もうほとんど遊星からの物体X状態です。 すごいことになってます。 他2編は独立した短編なんですが、さほど突出した出来とはいえず。 サイキックを題材にした「父の […]

  • 2020.06.18

地下室

1989年初出 伊藤潤二朝日ソノラマハロウィン少女コミック館 <収録短編>地下室首幻想シナリオどおりの恋リ・アニメーターの剣写真 「富江」シリーズが2作と「押切異談」シリーズの第1作目を収録。 まだ絵柄は安定してませんが、富江はとどまるところをしらずどんどん怪物化してます。 どこまでいくんだこれ、っ […]

  • 2020.06.16

屋根裏の長い髪

1987~88年初出 伊藤潤二朝日ソノラマハロウィン少女コミック館 <収録短編>富江富江part2顔泥棒バイオハウス睡魔の部屋悪魔の論理屋根裏の長い髪 楳図かずお以降、目立った変革のなかった日本のホラー漫画界に新風を吹き込んだ天才伊藤潤二の、おそらく最初期の短編集。 絵柄は安定してないし、舌を巻く奇 […]