原始乙女と神の塔

原始乙女と神の塔

2014年初出 シオミヤイルカ
講談社ヤンマガKC

タイトル買い。

原始時代を舞台にいったいなにをやらかそうというのか!?原始時代が舞台って、マンガじゃ石ノ森章太郎の原始少年リュウとはじめ人間ギャートルズぐらいしかないぞ、これは相当なチャレンジなのでは、ひょっとすると凄いのでは・・・と興味を惹かれて買ったんですが、残念ながら私が考えていたようなものとは違いました。

まず言えるのは、この作品、別に原始時代が舞台じゃなくてもいい、という事です。

友情とか仲間を描くために原始時代を持ち出す必要はないし、ましてやナウシカ影響下のファンタジーを隠し味にする必要もない。

描きたいことと、世界が乖離しちゃってるんですね。

原始時代をまるごと想像させるようなイマジネーションがあってこその物語性であって。

画力は高い、と思うので、惜しい、といえば惜しいんですが、これではなかなか支持を得られないだろうなあ、と思います。

うーん、仕切り直しを。

10年代カテゴリの最新記事