東京怪童

東京怪童

2009年初版 望月ミネタロウ
講談社モーニングKC 1巻(全3巻)

本作より、作者名の表記が峯太郎からミネタロウに変更されてます。

なにか思うところがあったんでしょうけど、事情は伺い知れず。

前作、万祝(2002~)と比べると、どことなく以前の作風に戻ったような感触もあるんですが、なんだろ、どうにも摑みどころがない感じで。

単行本一冊を費やしても全く話が進んでないんですよね。

どういうお話にしたいのか、その指向性すら見えてこない状態。

設定だけ決めておいて、ただキャラを遊ばせているだけ、といいますか。

なんとも実験的で要領を得ません。

よくまあこれで商業誌連載が可能だったな、と。

うーん、どうしたいんだ望月ミネタロウ。

とりあえず、先を読みたいという気持ちが全く湧いてきません。

改名して心機一転、それでこれ?みたいな。

正直、枯れてしまったか、という気もしなくはありません。

何者でもない一冊ですね。

私が続きを読むことは多分ないでしょう。

個人的には80年代から追い続けた作者との決別となった作品。

振り返るなら、座敷女(1993~)あたりがピークだったような気がしなくもありません。

0年代カテゴリの最新記事