ロード・オブ・セイラム

ロード・オブ・セイラム

アメリカ 2012
監督、脚本 ロブ・ゾンビ

魔女狩りで有名なマサチューセッツ州セイラムを舞台に、およそ三世紀を経て蘇る魔女の呪いを描いたホラー。

主演はおなじみロブ・ゾンビ監督の嫁、シェリ・ムーン・ゾンビ。

すでに監督デビュー作から数えて通算5作目ですが、毎回必ず出てますね、嫁。

伊丹十三と宮本信子の関係みたいなものか。

いささか例えが古いか、すまぬ。

で、肝心の内容なんですが、お得意のサイケデリックな色使いや、ノイジーな劇伴等、らしさは充分に発揮しているものの、さすがにそれだけでは超えられぬ壁に監督も直面したかな、というのが正直なところでしょうかね。

ロブってね、熱烈なホラーファンが趣味の高じるあまり、そのまま作り手になってしまったような人だと思うんですよ。

なのでほとんど悪魔のいけにえ(1974)のリブート版みたいな感じだったマーダー・ライド・ショー(2003)やリメイクであるハロウィン(2007)はまだ上手に乗りこなすことができた。

土台となる物語の基礎があらかじめ存在してたわけですから。

言うなれば、上モノをどうするかだけを考えりゃいいんですし。

けれど、今回のようにゼロからオリジナルの物語を組み上げる、となると、どうしたって目新しさや独自性が要求されるわけで。

やっぱりね、今どき魔女伝説を題材にして、その呪いを主題とするにあたってセーラムをチョイスする、って時点でありきたりですよね。

スティーブン・キングの死霊伝説セーラムズロット(1979)は言うに及ばず、似たような既出の作品はあちこちに転がってるわけですから。

しかも呪いの文言の秘められたレコードが小道具とか、何年前のネタなんだ、って話であって。

作劇もあんまりよろしくない。

魔女に対抗する勢力があってこそストーリーは盛り上がるんであって、はい、呪われました、防ぎようがないです、だけじゃあね、見てる側は、へえ、そうですか、と返すしかなくて。

スリル不在なんですよね。

私の勝手な想像ですが、多分ロブはオーメン(1976)のような「抗いがたい絶対悪の狂気」みたいなものを演出したかったんだろう、と思うんです。

でもそれを一側面だけから捉えても恐怖は伝わってこない。

メソッドは出来上がってます。

けれど、肝心のストーリーテリングに、見合うだけの発想、工夫がない。

あと、嫁のシェリですけど、そろそろ決別したほうがいいような気も私はしました。

ぶっちゃけ、あんまり演技巧者でもないんですよね、この人。

特に今回のような役どころは、彼女のキャパを完全に超えてるな、と思わせるデク人形ぶりが目立ちましたし。

次作が勝負でしょうね。

ファン気質を超えて、本物のクリエイターになれるかどうかの岐路にさしかかってるのでは・・と私は思いましたね。

2012年カテゴリの最新記事