ひるあんどん

ひるあんどん

1973年初出 松本零士
奇想天外社 全3巻

サラリーマン主人公で四畳半ものを、という事なんでしょうが、過去の類似作のトレードマークであった「無職赤貧の明日なきでたらめさ」が軽減された分、印象に残るものもあまりない、といわざるをえないですかね。

後に発表された「出戻社員伝」と質感は近い。

まあその、お得意のマンネリズムで必殺のワンパターン、少しだけ亜種、ってところですかね。

社会人の共感を得るものを、みたいな編集部の縛りがあったのかもしれませんね。

熱心なマニア向きですね。

70年代カテゴリの最新記事