マッド・ナース

マッド・ナース

アメリカ 2013
監督 ダグ・アーニオコスキー
脚本 ダグ・アーニオコスキー、デヴィッド・ロッカリー

マッド・ナース

ホラーファンにはおおむね好評だったようなので、結構な期待でもって見たのですが、は?なんだこれ?というのが正直な感想でした。

もっと悪ノリしまくった、血しぶき飛びまくってる作品だと思ってたんですよね。

エッチなシーンも、虐殺シーンもセーブがかかってる、というかね。

誰に遠慮してるんだ、という。

特に医師の片腕を医療機器で切り落とすシーンにボカシがかかったのには唖然。

まあ、これは監督の意図ではないんでしょうけど。

なんのためのボカシなのか私にはさっぱりわかりわかりません。

シナリオもゆるい、と思います。

アビゲイルの狂気、怖さがこれでは全然伝わってこない。

特に後半のグダグダぶりは、過去さんざん使いまわされてきた凡庸なオチも影響して、これで逮捕されないというのはファンタジーでしかない、と私は思いました。

とことん現実味がないんですよね。

要はどっちつかず、なんです。

今更サイコキラーで勝負するなら、もっと型破りで破天荒かつ気の触れた挑戦、演出が欲しかった。

ちなみに主演のパス・デ・ラ・ウエルタと言う女優さんはセクシーキャラで人気らしいですが、私はこの人がニューハーフに見えて仕方なかった、というのも楽しめなかった要因のひとつ。

よいこのためのホラーじゃないんだから、と思いましたね。

これじゃあ目のこえたファンは飛びつかないと思います、残念。

2013年カテゴリの最新記事