グリンゴ/最強の悪運男

グリンゴ/最強の悪運男

アメリカ/メキシコ/オーストラリア 2018
監督 ナッシュ・エドガートン
脚本 アンソニー・タンバキス、マシュー・ストーン

信頼していた上司に裏切られ、何もかも失ってしまう主人公の逆転劇を描いたクライム・コメディ。

まあ、悪くはないんですけど。

結論から言ってしまうと、平均的な出来かな、と。

もっと悪ふざけしても良かった、というのがまずあって。

メキシカンマフィアの親分とか、元傭兵の兄貴とか、完全に壊れてるキャラなのにも関わらず、なぜもっといじり倒さないんだ?と。

笑わせたい意図が透けて見えるのに、なんだか全然活躍してくれなくてですね。

登場と同時に、挨拶代わりとばかり少しだけ観客をくすぐって、あとはサブキャラ扱いでなんとなくフェードアウト、ってのが私にはよくわからなくて。

社長と共同経営者のコンビにしたってそう。

滑稽味あふれる演出にはもってこいの素材なのに、どうにも普通にオフィスラブなものだから。

真面目か、と。

まあ、真面目なら真面目でもいいんですけど、それならそれで主人公の追い込みが足りない、と思ったりなんかもして。

もっともっとズタボロにして、命の危機を薄ら笑いでやり過ごすぐらいの「毒あるスリル」があってもよかった、と思うんですよね。

割とね、その場その場の流れでなんとかなっちゃう感じなんです。

そこに逆転劇のカタルシスや、巻き込まれ型サスペンスの御しがたい悲喜はない。

結局、コメディ調ではあるんだけど、なんとなくどっちつかずな感じになっちゃてるんですよね。

シリアスに料理しそこねたみたいな印象を抱かせるのは、決して得策ではないだろうと。

エンディングも中途半端。

敵を徹底的に叩き潰すか、敵すらも羨む幸福を手に入れるか、そのどちらかを形にしてこそ見てる側もスカッとするんであって。

意外にも四畳半的な幸せで良し、としてるんですよね。

いやいやそんなところに意外性は必要ないから、って。

最後だけやたら現実的にしてどうする。

ダメだとは言いませんが、多彩なキャラを用意し、あれこれいじくり倒した形跡の伺える脚本の割にはぱっとしない、というのが正直なところでしょうか。

ジョエル・エドガートンとシャーリーズ・セロンには期待してたんですけどね、いくらでも代わりのききそうな役柄だな、これ、と思えた段階で私の興味は軽減していたのかもしれません。

2018年カテゴリの最新記事