ボクシン子

ボクシン子

1979年初版 山上たつひこ
秋田書店少年チャンピオンコミックス

ボクシングジムを舞台にアホな会長と、その練習生のドタバタを描いたギャグ。

全11話が収録。

絵柄も安定し、笑いも一番冴えてる頃の作品なんで普通におもしろいですが、あまり人気は出なかったよう。

手車叫春と色好増二のキャラは後に「メロンな二人」でも活躍。

作者お気に入りだったみたいですね。

双方比較して読んでみるのも興味深いかと。

最終回はちょっと投げやり気味ですが、総じてよくできてる、と私は思います。

パンチドランカー気味の会長のキャラが秀逸。

今なら絶対どこかからクレーム来ると思います、これ。

毒とばかばかしさの加減が絶妙なんですよね。

ファンなら押さえておくべき一冊でしょう。

70年代カテゴリの最新記事