モブサイコ100

モブサイコ100

2012年初出 ONE
小学館裏サンデーコミックス 1~2巻(全16巻)

あまりの画力のなさに蛭子能収が憑依してるのか?それともガロ(廃刊)が愛読書だったのか?!と震撼した漫画。

デビュー当時の小林よしのりですらもうちょっとちゃんと描いてたんじゃ・・と思えるほど絵が荒れまくってます。

なんだろ、なんかもう途中で全部諦めちゃってるみたいな。

例えばしりあがり寿なんかは書きなぐってるように見えて、下手なりの着崩し方が様になってるような気がするんですね。

この人の場合、ベタ塗りそこねてても気にしてないというか。

別に上手くなろうとすら思ってないというか。

1ページ描くのに30分もかかってないような気がしますね。

私は本格的に絵を学んだわけでもなんでもないですが、それでもこの作画が大変なことになってるぐらいの事はわかる。

でも、テレビアニメ化もされて累計120万部突破なんだよなあ。

じゃあ、さぞかし内容が面白いのか?と思ったんですが、2巻まで読んだ限りでは幼年誌向けなの?と思ったりもした。

ロジックの組み立て方や台詞回しは妙に達者だな、とは感じたんですが、それを勘定に入れてもこの漫画のなにが面白いのか、私には全くわかりません。

16巻も続いてるんでね、きっと徐々に化けていくんだろうとは思うんですが、それを追う気力すら湧いてこない。

漫画読者はみんな優しくなったなあ、と思いますね。

ティーン向け、ということでまとめておきますかね、あんまり関わりたくないってのが本音。

10年代カテゴリの最新記事