暁に祈れ

暁に祈れ

イギリス/フランス 2017
監督 ジャン・ステファーヌ・ソヴェール
原作 ビリー・ムーア

ヘロイン使用の罪で逮捕されたイギリス人キックボクサーが、異国タイの刑務所でムエタイに没頭することにより、これまでの人生と決別する様子を描いた格闘技ドラマ。

久々にかっこいい邦題が来たな、と思いましたね。

原題はA PRAYER BEFORE DAWNなんですけど、それを「暁に祈れ」と意訳するセンスがいい。

ただ残念ながら内容は、いかす邦題とは裏腹に、まったくもって低調と言わざるを得ないでしょうね。

何がダメって、この映画、延々最後まで経過を羅列してるだけでして。

はい、逮捕されました。

タイの刑務所は言葉も通じなくて、荒くれ者だらけで大変です。

監獄は大部屋で雑魚寝で不衛生で、周りは暴力沙汰やレイプが横行してて気が休まりません。

おや、ムエタイのジムが刑務所内にありますね。

よし、ムエタイやろう。

これで待遇も変わって、薬の誘惑からも逃れられるかもしれません。

そこそこ強くなったんで、他の刑務所との対抗戦にでれそう。

出ました。

以上。

もうね、監督は演出及び脚色という言葉を知らんのか?と。

わざわざ実際の犯罪者たちを集めて刑務所内を再現した意味、全くなし。

リアリズムの喚起には一役買ってたかもしれませんが、ほんとそれだけ。

まー、盛り上がらない。

絵的には派手なのに、恐ろしく地味というか。

シナリオ進行を振り返るなら、やりようはいくらでもあったと思うんですよ。

所内で仲良くなった囚人との心の交流をじっくり描くとか、ムエタイのライバルをでっち上げるとか、薬物を回してくれる看守との決別をきっちり描くとか、ドラマチックにしようと思えばいくらでも手を加えられた。

全部、あっさり流しちゃうんですよね監督。

・・・こういうこともありました。で、その次にはこういうことがありまして。そして、こんなこともあったみたいです。おわり。

小学生の作文か。

もしこれスタローンあたりが脚本に噛んでて制作に携わってたら、怒涛の感動大作になってたと思います。

どれもこれもめちゃくちゃいい素材なのに、それをここまでぞんざいに扱って腐らせるか?と。

原作が本作の主人公でもあるビリー・ムーアの手記らしいんで、事実に忠実であろうとしたのかもしれませんが、手記をそのまま映像化して良し、とするのは映画ではなくて再現フィルムなわけです。

凡作。

ああ、もったいない。

期待してただけにがっくりでしたね。

邦題のかっこよさはなんだったんだ、もう。

2017年カテゴリの最新記事