つきロボ

つきロボ

2011年初出 中平正彦
集英社ウルトラジャンプコミックス 1巻(全3巻)

あーこっちの方向に進んじゃったのか、って感じでしたね。

月面を舞台にそこで暮らす人間に焦点を当てた近未来SFなんですが、実際にやってることは少女+巨大ロボ。

本格SFが描ける漫画家であることは前作「破壊魔定光」で確信できたんですが、いかに売らんがためとはいえ、ここまでオタク層におもねるアプローチが顕著だとですね、物語の背景にいかなる緻密な設定があろうとやっぱりオッサンには辛い。

巨大ロボアニメに心動かされた自分自身を主人公である少女、つきひに投影してるのはわかるんです。

読み進めていけば仰天のSFマインド豊かな展開とか待ち受けてるのかもしれない、と思ったりもする。

でもやっぱりこれは私の琴線には触れない。

あざとさを我慢して読み進めてみようという気にどうしてもなれない。

そもそもがロボットアニメにそれほど深い思い入れがない、というのも影響してるかもしれません。

私にとって中平正彦は、中途半端に読者を意識せず自由に筆をふるわせてみたい漫画家の一人なんですが、どうもこの先商業誌でそれが実現するのは難しそうですね。

本人が「これはこれで楽しんでる」というのなら話は別なんですが。

ウルトラジャンプらしさを意識しすぎたような気もします、残念。

10年代カテゴリの最新記事