団地ともお

団地ともお

2003年初出 小田扉
小学館ビッグコミックス 1~23巻(以下続刊)

実はつい最近までこの漫画、ちびまる子ちゃんみたいに昭和の小学生を描いてるのだ、と私は一方的に思ってました。

違った。

現代の団地住まいな小学生の日常を追ったギャグだった。

なんだかものすごく違和感を感じるんですけどね、これって私だけなんですかね?

時代が30年~50年ぐらいずれてるような。

そもそも団地自体が高齢化の煽りで廃墟化しつつあるんでは、と思ったりもするんですが、連載開始当初はまだそれほど問題が表面化してなかったか。

でもこんな小学生、いまどき居ないような気もするんですけどね、私の思い込みですかね?

それはさておき、しれっとすっとぼけた独特の持ち味があるギャグ漫画だなあ、というのは感じました。

感動させるわけでもない、大笑いさせるわけでもない、でもなんかクスッとニヤけてしまう、というか。

中川いさみの系列だな、と思ったりもするんですが、微妙にノリが違うようにも思ったり。

オチてるようでオチてない、オチてるのに余計な一言がある、というのが特徴かもしれません。

それが武器になるのかどうかははなはだ不透明ですが。

けれどハマると延々読み続けてしまったりも。

私のことなんですけどね。

ただ、ある日突然飽きる。

それはもう何の予兆も気配もなしに。

基本、やってることは延々同じですしね。

空気感も変わらないし。

偉大なるマンネリズムになりうるのかどうか、それはあと何十年かしないとわからないと思うんですが、またある日、突然自分の中でブームがやってきそうな気もする、私にとってはそんな一作ですね。

0年代カテゴリの最新記事