うつうつひでお日記

うつうつひでお日記

2006年初版 吾妻ひでお
角川書店

失踪日記に着手する以前から、描き終えるぐらいまでの間の日常を綴ったエッセイ漫画。

失踪日記的な波乱万丈のエンターティメントを期待してはいけません。

どっちかというと覚え書きに近い。

どんな本を読んだとか、どんな音楽を聞いたとか、なにを食ったとか。

ブログかよ!とつっこむ人もたくさんおられたのではないでしょうか。

基本、作者自身が自分の日常を笑っていただこう、と第三者的視点で腕をふるってないように思います。

単行本化されるとは考えてなかったような気も。

熱心な吾妻ファンにとっては興味深い内容かもしれませんが、やっぱりこれは失踪日記のヒットを受けた便乗商品だろうなあ、と。

いや、もともとこういう感じだよ、吾妻ひでおって、という方もおられるかもしれませんが、新規参入組としてはものたりない、というのが正直なところでしょうか。

作者の趣味に共感できないとなにかと辛い一冊かもしれません。

0年代カテゴリの最新記事