遥かなり夢のかなた

遥かなり夢のかなた

1975~80年初出 竹宮恵子
小学館文庫

<収録短編>
遙かなり夢のかなた
集まる日
オルフェの遺言
夢見るマーズポート
決闘2108年
西暦2763年の童話
ジルベスターの星から
真夏の夜の夢
夜は沈黙のとき

SF系の作品ばかりを集めた短編集。

「遙かなり夢のかなた」「集まる日」「オルフェの遺言」は超能力者オルフェを主人公とする連作短編。

後に地球へを描いた事が解せる作者らしい作品。

個人的に気に入ったのは「ジルベスターの星から」で、叙情豊かな宇宙SFに心うたれました。

「決闘2108年」は原作光瀬龍。

少女漫画の枠組みに囚われることなく、総じて質は高い。

私は熱心に作者の作品を追ってないんで、この作品集をどう位置づけしてよいのかわかりませんが、短編においてすらその実力は疑いようもない、と思いましたね。

発想が豊かだし、アイディアも豊富。

さすが名の知られた大看板なことだけはある。

竹宮SFに興味のある人は買って損なしでしょうね。

70年代カテゴリの最新記事