バラの戦士

バラの戦士

1976年初出 望月三起也
双葉社アクションコミックス 全4巻

巨大な複合企業、空コンツェルンの陰謀により、会社をつぶされのっとられてしまった運輸会社の残党が、空コンツェルンの雇われに身をやつしながら命がけの復讐をもくろむ現代版忠臣蔵といった風情の謀略アクション。

なんだかワイルド7に出てきそうなストーリーではあります。

作者お得意のパターンなのは間違いないんですが、ワイルド7ならともかく、一企業が国をも操りかねない権力を持ち、私欲で平気で殺人を犯す、というのはやっぱり青年誌では荒唐無稽な印象を受けますね。

あまりにもわかりやすい悪役過ぎて。

プロット、シナリオは悪くないと思うんですが、リアリズムの欠落が痛い。

そこは当時の読者にも伝わったのか、なんだか打ち切りっぽいエンディングで、スケールの割には尻すぼみな印象はぬぐえず。

どちらかといえば失敗作かもしれません。

併録の短編「灰色のウエスタン」の方が皮肉にもずっと面白かったりします。

らしい一作ではあるんですけどね。

70年代カテゴリの最新記事