ジュピター

ジュピター

アメリカ 2015
監督、脚本 ウォシャウスキー姉弟

シナリオ、プロットともにダメ、の一言。

実は地球人が知らないだけで異星人は宇宙に溢れてて、地球はその異星人の管理下にある放牧場に過ぎない、ってアイディアそのものが60年代かよ、のレベルですし、地球のうら若き乙女が宇宙を支配する王族の王位継承者の生まれ変わりだった、ってネタも少女漫画か、ってつっこみたくなるメルヘンぶり。

演出もひどいです。

主人公ジュピターのあまりにすばやい順応ぶりにも呆れますが、危地を救う工夫が全部力技というのも香港映画かよ、って感じですし、身分の差を越えた安っぽい恋愛ドラマの定番さにもうんざり。

ドラマのなにもかもが何事か、ってなぐらい焼き直しなんです。

どうしたんだウォシャウスキー姉弟、と心配になるぐらい陳腐。

ただ、映像だけはすごいです。

こりゃ金かかってるわ、と納得の豪華絢爛さ。

もうほんとそれだけですね。

マトリクスもいまや昔・・・・と遠い目をしてしまいそうになる一品。

見なかったことにしてしまいたい。

2015年カテゴリの最新記事