大不倫伝

大不倫伝

1972年初出 松本零士
朝日ソノラマサンコミックス

え、また四畳半もの?と一瞬警戒しそうになるんですが、実は似て別物でおなじみトチローとほとんどキャラのかぶる好川ウタマロなる眼鏡のマントを主人公に据えた異色作が本作。

さえないブ男ながら股間にとてつもない大砲をぶら下げている主人公は、依頼を受けて女と寝るのを生業としていて、そこに生まれる様々な男女のドラマを一話完結連作形式で掲載。

何故か主人公は蛍という妹を連れていて、蛍の養育のためにあえてこういう仕事に手を染めているフシがあるんですが、そのあたりの謎は一切明かされず。

とりあえず何も知らずにチャーハンばっかり食いたがる蛍(実は全部知ってそうだが)がやたらかわいいです。

また常に旅の中に身を置く兄妹に、なんだか妙に心揺さぶられるものがあったりもする。

相変わらず女性キャラはワンパターンな性格で、各話共に松本ファンならオチの予測のつく内容であるんですが、私はなんだかこの作品、好きですね。

このプロットで変にやさぐれないのは作者だからこそだと思います。

独特の雰囲気がある一作。

70年代カテゴリの最新記事