GONG

GONG

世界中に信奉者の存在する、長い歴史を持つバンドですが、私が聴いたのはこの1枚、Angels Egg(1974)だけ。

Radio Gnome Invisible三部作の2作目、という位置づけらしいんですが、購入当時はよもや三部作だったなどとはつゆ知らず、なにげに1曲目を聴いた段階で付帯するアルバム情報とか、急にすべてがどうでもよくなっちゃったものだから、いまだなにがどう三部作なのか、さっぱりわからん状態だったりはします。

きっとコンセプトアルバムみたいな趣向で三作またがりなんだろうなあ、と思うんですけど、違ってたらすいません。

バンドとしては通算4作目の作品らしいんですけど、なんなんでしょう、この音に進化とか自己模倣とか新機軸とか紆余曲折あったりするんでしょうかね?

あるんだろうなあ、私がわかんないだけで。

ま、簡単に言っちゃうならサイケデリック・ロックなんですけど、もうねー、この手の何でもありな音って、私ダメなんですよ。

どこを楽しめばいいのかわからない。

シンセの音色にまとわりつくように、ギターやらサックスやらがピロピロ好き放題やられても、ただただ気持ちがどよーん、としてくるだけで。

アルコールと薬物は必須なんじゃねえのか?と思ってしまう。

きっと歌詞をきちんと追いながら聴くとまた違うんでしょうけど、ほら、輸入盤で購入したものだからさ。

それほど語学に堪能なわけでもないし。

たちが悪いのは、こんなふざけた音ぶちかましながらもリズムがちゃんとしてて、ジャズ指向な面が伺えること。

なにかあるのか?と思っちゃうわけですよ。

最後まで聞くと、まるで別な顔を垣間見せてくれるのか?と。

そうでもなかったわけだけれど。

わかる人だけ、琴線に触れる人だけが楽しめる音ではないかと思います。

私は語る言葉を持たないですね。

don’t think ,feel it・・・でしょうか。

これもまた70年代プログレ、裾野は広い。

プログレ:イギリスカテゴリの最新記事