FOREST

FOREST

プログレというよりはブリティッシュ・フォークかと思うんですが、バイオリンやらチェロやらハープシーコードやらピアノやらあれこれ放り込んで試行錯誤してるのがいかにも時代であり、プログレ的、と言えなくはないかも。

私が聴いたのは70年発表のFull Circleだけなんですけど、おや、思ったより悪くない、ってのが第一印象。

ほとんどの曲がドラムレスなんで、ロックなアグレッションは限りなく希薄ですが、予想外にメロディの質がいい。

印象に残る旋律が豊かで、フックがあるんですよね。

1曲目があまりに牧歌的なんで、STACKRIDGEかよ!(私は苦手なんです)と早合点してしまいそうになりますが、最後まで通して聴くと思いのほか美しいアルバムであることに気づく。

ヴォーカルが伸びやかで耳障りの良い声質な分、得をしてるかもしれませんね。

ん、なんか怪しいぞ?と思えるところもあるんですけど、相反して優れたアレンジだ、と感じさせる部分もあって、これがなかなか侮れない。

ブリティッシュ・フォークの有名どころに、私はピンとこないことも多いんですけど、このグループはなにか「引っかかるもの」があるな、と思いました。

意外とロックファンでも楽しめるんじゃないでしょうか。

ちなみに1stでもある前作は、混沌とサイケデリックな作風らしいです。

怪しさは、1stの延長線上にあるものなのかもしれません。

プログレ:イギリスカテゴリの最新記事