COMUS

COMUS

プログレというより完全にブリティッシュ・フォークだと思うんですけど、なぜかプログレファンの間で口の端にのぼることの多いバンド。

というのもこのバンドの奏でる音が、単にフォークで割り切ってしまうにはあまりに「異形」すぎるからだと私は思うんです。

アート・ロックとカテゴライズする人も中にはいるようです。

なんせ6人編成で、バイオリンやらヴィオラやらフルート、オーボエにパーカッションを担当するメンバーまで居ますから。

この大所帯は何事か、って話で。

私が聴いたのは1stアルバムであるFIRST UTTERANCE(1971)なんですが、まあ度肝をぬかれましたね。

この威圧感、圧迫感はなんなんだ、と。

音数が密集してるわけじゃないんですけどね、呪術的というか禍々しいというか。

暗鬱さが蠱惑的調べを伴って、聞くものの魂を鷲掴みにする。

はっきりいって、そんじょそこらのデスメタルごときじゃ太刀打ちできません。

一瞬で世界が変わります。

どこかプリミティブで狂気すら漂う楽曲群が、他の何者にも似ていないのは間違いない。

思いのほか音楽的アプローチの引き出しが多彩なのも魅力。

規制の枠組みを逸脱しているのがプログレだとするなら、これもまたプログレと言えるのかもしれません。

バンドは74年に2nd、to keep from flyingを発表して解散してますが、半ば伝説と化している部類でしょうね。

孤高の怪作。

要チェックの1枚だと思います。

プログレ:イギリスカテゴリの最新記事