あさりよしとお

  • 2020.06.03

蒼の六郷

2013年初出 あさりよしとお白泉社 タイトルは言わずと知れた小沢サトル「青の6号」のもじり。 本当にあさりよしとおと言う人はこの手の言葉遊びが好きな人である。 ま、なんせ青の6号ですんで当然内容は深海もので潜水艦も大活躍、といった按配なんですが、作者らしいのは主役が女子高生と小学生の二人組みで、舞 […]

  • 2020.05.27

細腕三畳紀

2001年初出 あさりよしとお講談社アフタヌーンKC もちろんタイトルは細腕繁盛記のもじり。 この手の言葉遊びが本当に好きな人である、あさりよしとおって。 何気ない日常に突然三葉虫を放り込んだらどうなるか?をシュミレートしたコメディタッチの連作なんですが、このマンガの内容を言葉で説明するのは非常に困 […]

  • 2020.05.10

アステロイド・マイナーズ

2010年初出 あさりよしとお徳間書店リュウコミックス 全2巻 小惑星開発に力を注ぐ未来の地球人の姿を描いた近未来SF。 1話完結形式。 宇宙開発における細かなウンチクネタも数々あり、これはおそらく「まんがサイエンス」の血脈を継ぐものなのだろうと思います。 この手の、物語の本筋とは別に科学的解説をあ […]

  • 2020.05.10

るくるく

2003年初出 あさりよしとお講談社アフタヌーンKC 全10巻 ろくでなしの父親を亡くし、天涯孤独の身となった主人公の中学生、六文の元に、なぜか悪魔がやってきて奇妙な同居生活が始まる、というストーリーのSFコメディ。 やってることは藤子F先生お得意のパターン「家庭に異物を放り込んでドタバタ」そのもの […]

  • 2020.05.10

荒野の蒸気娘

2006年初出 あさりよしとおワニブックスガムコミックス 全4巻 フランクリードシリーズに「荒野の蒸気男」ってのがあるらしいんですが、この作品がそのパロディなのかオマージュなのか未読なもので皆目見当がつかず。 単にタイトルをもじってるだけかもしれません。 少女の心を持ったスチームパンクな高機能ロボッ […]

  • 2020.05.10

金田はじめの事件簿

1999年初出 あさりよしとお白泉社ジェッツコミックス ウルトラジャンプに連載された少年探偵ものならぬ、少女探偵もの。 タイトルから想像がつくかとは思うんですが、往年の探偵小説のパロディであり、ついでにコメディです。  着眼点は悪くないと思います。 実際ばかばかしくて結構笑いましたし。 各話の元ネタ […]

  • 2020.05.07

ただいま寄生中

1992年初出 あさりよしとお白泉社ジェッツコミックス 91年頃の有害コミック規制騒動に反発して描かれたマンガで、少年誌のエロの限界に作者は挑戦するつもりだったらしいんですが、誰にもそうと気づいてもらえなかった、と後述されてる笑える1冊。 まあエロく描こうと思えばいくらでもエロくなったと思うんですが […]

  • 2020.05.07

ワッハマン

1991年初出 あさりよしとお講談社パーティコミックス 全11巻 黄金バットの造形をそのままに、不老不死な無敵の超人の主人公とした脱力系SFコメディ。 いかにもあさりよしとおらしいだらだらとした日常に非現実な展開が楽しいです。 ワッハマンが一言もセリフを発することなくひたすらボケたおす様子は宇宙家族 […]

  • 2020.05.07

宇宙家族カールビンソン

1985年初出 あさりよしとお徳間書店少年キャプテンコミックス 全13巻 作者の初長編。 タイトルは言わずと知れた宇宙家族ロビンソンのもじり。 掲載紙少年キャプテンの廃刊により、未完のまま終了しているんですが、なんでこれが未完なんだ、と怒りたくなるぐらい良くできた内容で後追いの身としては本当に驚かさ […]

  • 2020.05.07

中空知防衛軍

1985年初出 あさりよしとお徳間書店アニメージュコミックス 女子高生二人組が町内規模で侵略者と巨大ロボで戦うドタバタSFコメディ。 80年代の少年サンデーに載ってそうな内容ですが、さてこれが早かったのか遅かったのか、きちんと検証したことがないのでわかりません。 とりあえず、ああガンダム大好きなんだ […]

  • 2020.05.07

あさりよしとお短編集

1980~87年初出徳間書店アニメージュコミックス <収録短編>白頭巾それ行け宇宙パトロール魔黒州城木星ピケットラインムーンチャイルド砂漠の魔王宇宙刑事バスターたたかう自衛官アンドロイドは電気クラゲの夢を見るかゾンビの7人ゾンビの用心棒地上最大の恩返しためにならないプラモ製作基礎講座 正直たあいのな […]