HATFIELD AND THE NORTH

カンタベリー系の最終兵器、これが駄目ならもう諦めろのレベルにあるジャズロック界屈指の名バンドがこのHATFIELD AND THE NORTHでしょうね。

何度も書いてますが、私、カンタベリー系、基本駄目なんですよ。

8割が眠くなるというか、どんどん集中できなくなってくる、というか。

ところがだ。

あまりに評価高いんで、試しに聴いてみた75年発表のThe Rotters’ Club、これがもう腰抜けるクラスで今まで聞いたことのない音だった。

パッケージというか器は間違いなくカンタベリーなんですけどね、詰め込まれてるものが普通の味わいじゃないんです。

妙味と呼ぶのが的確なのかどうかわかりませんが、なぜこうなる?という予測のつかなさが天才的というか。

クールで没感情気味なのはご多分にもれないんですが、よく聞けば、冷静さの内側でとんでもないアンサンブルやコード進行、バカテクの炸裂する譜割りをこなすスリルが火花をちらしてたりするんです、それは間違いない、でもね、出てくる音の全体像が「なんか余裕」なんです。

いやいや、別に無理してないし、ってな感じで。

そんなはずないだろ!とつっこみたくなるぐらい楽しんでやってらっしゃる風で。

それが最終的には、グルーヴ感とポップさにつながっていく。

ロックな小気味よさが、ロックなんて見当たらないテリトリーで息吹いてるじゃないかよ、と自分の耳を疑いましたね。

だって全く熱くないんです。

なのに気持ちが高ぶってくる。

これはジャズ側からの、新しいクロスオーバーの提示だ、と初めて聞いたときは思った。

後追いできいた1stも素晴らしい内容。

2ndほどまとまってはない印象もありますが、HATFIELD AND THE NORTHとしての音はもう完成してると思います。

ロックなアグレッションを引用したジャズロックの馴染みやすさを除外してるのにもかかわらず、ここまで泰然とジャズ・ロックなのはこのバンドぐらいじゃないかと思いますね。

唯一無二のグループでしょうね。

結局、デイブ・スチュワートのアプローチが常人離れしてて、逐一琴線に触れるということなのかもなあ、とEGG及びNATIONAL HEALTH好きの私はちらりと思ったりもした。

タイトルとURLをコピーしました