RARE BIRD

ツインキーボードでギターレスという変則編成なバンド。

私が聴いたのは2ndアルバムであるAs Your Mind Flies By(1970)だけなんですけど、EL&Pのような情熱的でアグレッシヴな音を期待すると大きく肩透かしをくらいます。

というかこれ、キーボード・ロックですらない気がしますね。

二人もキーボード居る割には、それが特徴的に音へ反映されてないような。

私は真っ先に初期のPROCOL HARUMを思い出した。

クラシカルでロマンチックな音ではあるんですが、なんだろ、あまりに甘ったるいというか野暮ったい、というか。

同時多発的なプログレ・ムーブメントの外側で、独自路線を突き進んでる感じ。

未分化、といったほうが正しいか。

よくよく聞けば、ツインキーボードなりの凄みや、革新性も発見できるんでしょうけど、初聴時、なんだかかっこよくない、と思ってしまった時点で棚の肥やし。

いかにも英国なムーディーさに心酔できる人向けな気がしますね。

これを男臭く不格好とか、言っちゃあダメなんだろうなあ。

私はちょっと好きになれませんでしたね。

タイトルとURLをコピーしました