DEEP FEELING

ギロチン台がポツンと描かれたジャケットから想像するに、きっと泥臭いブルージーなハードロックに違いない、と私は聴く前から決めつけてたんですが、これが予想を裏切って哀愁のブリティッシュ・ロックだったりするものだから本当にこの時代の英国のバンドは聴いてみなきゃわからない。

私が聴いたのは71年発表のDEEP FEELING。

なにやらジェネシス風だったり、フォーク調だったり、キーボードロック丸出しだったりと内容に節操はないんですけどね、知名度とは裏腹に、びっくりするほどどの曲も洗練されてて。

アレンジのセンスは相当高いと思いますね。

巧みに変拍子を操ったり、高度なアンサンブルをキメたりと、各プレイヤーの力量も確か。

調べてみたらセッションプレイヤーが集まって結成されたバンドだとか。

なるほど納得。

なんといってもメロディが素晴らしいんですよね。

華麗なコーラスワークにはっ、とすることも数度。

たった1枚のアルバムを発表しただけで解散してしまったみたいなんですが、もう少し広く知られてもいいのでは、と思いますね。

現在、アルバム未収録だったシングル曲も収録したコンプリート盤も発売されてるみたいなんで、未聴の方は是非。

タイトルとURLをコピーしました