CURVED AIR

女性ヴォーカルをフューチャーしたプログレバンドとして、英国ではRENAISSANCEと並んで有名な存在ですが、私は昔からこのバンドにあまりピンときてなくて。

とはいえ、聴いたのは代表作と言われるPhantasmagoria(1972)だけなんですけどね。

幻想的といえば幻想的ですし、おだやかな曲調の中にも時折はっ、とするようなアンサンブルがあったり、ふいにクロスオーバーだったりと、引き込まれる要素がないわけじゃないんですが、なんというか地味だなあ、と。

これを地味と言ってしまうと「お前はなにもわかってない」と識者の方々にめちゃくちゃ怒られそうですけどね。

ただ、基本フォーク・ロックなんで。

そりゃどうしたってロックのダイナミズムは希薄です。

それでいて歌姫のソーニャ・クリスティーナ、この人いまいち安定してなくて。

なんかいつもボソボソ囁いてる感じ。

線が細いというか、うまいのかへたなのかよくわからんというか。

壮大にオーケストラルなアプローチがあったりもするんで、琴線にふれるリスナーの方々も中にはいらっしゃるかと思うんですが、私はもう少しメリハリがあったほうが好みですね。

8曲目のOver And Aboveだけはよく聴いてました。

ちなみにプログレ界隈では有名なバイオリン奏者、ダリル・ウェイが所属してます。

タイトルとURLをコピーしました