2020年6月19日

  • 2020.06.19

イレブン・ミニッツ

ポーランド/アイルランド 2015監督、脚本 イエジー・スコリモフスキ 時系列を同じくする14人の男女数組が、それぞれ別の場所で11分間の間に遭遇した出来事を描いた実験的群像劇。 これ、もうちょっと濃密なドラマ性を抱えていたなら初期のイニャリトゥ監督みたいになったんでしょうね、きっと。 バベルとか2 […]

ハイ・ライズ

イギリス 2016監督 ベン・ウィートリー原作 J・G・バラード 上層階と下層階で身分格差らしきものが存在する40階建ての高層マンションで暮らす住人たちが、日々の生活を営むうちにだんだんおかしくなっていく様子を描いた不条理ドラマ。 原作はSF小説だといわれているようですが、映画を見た限りではどこがS […]

  • 2020.06.19

キラーコンドーム

ドイツ 1996監督 マルティン・ヴァルツ原作 ラルフ・ケーニッヒ もしコンドームとそっくり同じ形状のクリーチャーがいたら・・・という奇想を映像化したドイツ屈指のバカ映画。 いや、これもうドイツ云々どころか、バカ映画界屈指、といった方がいいかもしれませんね。 私が記憶する中でもここまで大真面目にバカ […]

  • 2020.06.19

首のない彫刻

1991年初出 伊藤潤二朝日ソノラマハロウィン少女コミック館 <収録短編>ペンフレンド橋サーカスが来た蜂の巣地図の町首のない彫刻 なんかもう、この世の風景と思えん、と初読時震え上がったのが「橋」。 山奥の集落にのみ伝わる特異な祭祀の話、と思わせておいて、いざ読み終わってみればただ忌まわしく昏い悪夢で […]

  • 2020.06.19

脱走兵のいる家

1990年初出 伊藤潤二朝日ソノラマハロウィン少女コミック館 <収録短編>いじめっ娘脱走兵のいる家生霊の沼赤い糸中古レコード贈る人 この単行本ぐらいから伊藤潤二は俄然その本領を発揮してきます。 絵柄も安定してきて全盛期に近いタッチに。 やはり必読なのは「赤い糸」「中古レコード」あたりでしょうか。 特 […]